面白バイク
エンジン分解
クランク芯出し
プロアームの取り付け
倒立フォークの実装
FRPで苦労
カーボン素材
塗装にチャレンジ
アルマイト加工
PGM回路の修正
デジタル計器
HIDに換装
ついでにLED
エコに貢献
GPSも取り付け
■今後の構想!
NSR250R(大)
レストアあれこれ
ボアアップ計画
NS50が生まれました
勝手にリンク
その他
掲示板

アクセス状況

昔々、2スト50ccのシリンダーをボアアップした経験があるだけ なのですが、NSR250のシリンダーもボアアップできるか検討中です。 かなり無謀だし意味もないことなのかもしれませんが、NSR280もしくはNSR300を作ってみたいと 思ってます。鉄シリンダーなら簡単なのかもしれませんが、相手はアルミシリンダー+メッキと言う訳で コストに見合う改造ではないですが・・・。 NSRのシリンダーにはニジカルメッキを施したアルミシリンダーを採用してるらしいですが、 メッキの知識は皆無なので、どんなメッキが一番最適なのかも分かりません。 電気を使うメッキより、無電解メッキをしてみても耐久性もないような気がしますし。 クロムメッキの優位性も分からないレベルなので、今後もっと勉強したいと思ってます。 ボーリング、ホーニング自体は1/100ぐらいの制度で加工はできるのですが、 メッキの膜圧はどのくらいになるのかも検討もつきません。

そんな中、ネットでNSR300なるものを見つけました。 みんな同じような事を考えてるなとおもいました。 NSR150というのがタイ・ホンダから発売されてますが、そのシリンダーと ピストンを使えば300ccの排気量を手に入れることが可能なのです。 ただ、それでもクランクケースの加工が多少必要となるので、やはりシリンダーはノーマルのものを ボアアップするほうがしっくりいきようです。 とりあえず、ボアの違うNSR150のピストンを手に入れることにしました。
[最終更新日: 2017年07月23日]
バイクが好きな人専用のホームページ
ご連絡はinfo@inchans.com :いんちゃんまで!