面白バイク
エンジン分解
クランク芯出し
プロアームの取り付け
倒立フォークの実装
FRPで苦労
カーボン素材
塗装にチャレンジ
アルマイト加工
PGM回路の修正
デジタル計器
HIDに換装
ついでにLED
エコに貢献
GPSも取り付け
■今後の構想!
NSR250R(大)
レストアあれこれ
ボアアップ計画
NS50が生まれました
勝手にリンク
その他
掲示板

アクセス状況

フロントフォークは本来、性能的にはノーマルでも十分なのだが、 見た目重視の私は、やっぱり倒立の物に交換しなければ落ち着きません。 いろんな車種の物があるのですが、同じくらいの排気量と、出来ればステムの多少の改造で 取り付け可能なものを物色した結果、ヤマハの純正が良いのではないかと思いました。 世間ではRVF400のフロントを移植する人が多い中、あえてTZR250の物を選びました。 本当は金銭的、貧乏性名こともありますが・・。 RS250のフロントも所有していますが、ブレーキキャリパーの取り付けの面から今回は断念しました。 一応スペアとしてドカティの400SSの倒立もSHOWA製でよさそうなのですが、セカンドマシンに今後、移植したいと思ってます。 ちなみにNSR250のステムのシャフトは ステム シャフトのボトムベアリング部の直径30mm、 ステム シャフト中間部の径27mm、 下部ベアリング下側からトップ部のネジ下(ネジ部除いた) 長さ190mm トップ部のベアリング取り付けナット26mmビッチ1.0mm、 トップブリッジ取り付けナット24mm*ピッチ1.0mm アクスルシャフト締め付けボルトの直径13.75 ピッチ1.5mm、 ボルト頭22mm TZRのスピードメーターセンサーはフロントホイルシャフトから取っているので、今後この部分のカラーを作る 方が見た目にしっくりいくので考案中。
[最終更新日: 2017年07月23日]
バイクが好きな人専用のホームページ
ご連絡はinfo@inchans.com :いんちゃんまで!