面白バイク
エンジン分解
クランク芯出し
プロアームの取り付け
倒立フォークの実装
FRPで苦労
カーボン素材
塗装にチャレンジ
アルマイト加工
PGM回路の修正
デジタル計器
HIDに換装
ついでにLED
エコに貢献
GPSも取り付け
■今後の構想!
NSR250R(大)
レストアあれこれ
ボアアップ計画
NS50が生まれました
勝手にリンク
その他
掲示板

アクセス状況

塗装経験は学生時代に缶スプレーで興味を抱き、 その後ウレタン塗装に至りました。車を全塗したこともあり、扱いには自信があります。 ですがデザインや色使いのセンスは人より劣っております。 円高の今のご時世、塗装道具一式をそろえることも安くなりました。 コンプレッサーも2万円も出せば販売してるし、エアガンも3000円ほどで売ってます。 ただ塗料は相変わらず高値になりますが。レプリカバイクの全塗ぐらいなら、 単色換算で1kgもあれば塗ることが可能です。シンナーも洗浄も含めて8Lもあれば十分です。 私の場合にはパール色やパステル色を使いましたので金額が高くなりました。 また下地によってはサフェーサや密着剤、軟化剤も必要となります。 単色で塗るだけでは、面白くないのでステッカー部分も塗装にすることにしました。 大きなデザインはマスキングテープで型取ることは出来ますが、 ロゴマークなどは困難なのでパソコンを用いて自作マスキングを作ることにしました。 これもかなり昔に購入したローランドのスティカと呼ばれる カッティングマシーンです。これを使えば自在にカッティングシートを切り抜くことが出来ます。 この機会にマスキングシートを用いてホンダのウイングマークなどを作りました。 3Mから販売されるマスキングシートはロール状10m単位とかなり多いのですが、 今回はもったいないですが多用してロゴなどを自作しました。 自作と言っても、あくまでもデザインセンスの無い私なのでパソコン上で 文字の配置やスキャナからの読み込みで作り上げました。 新しい物にすぐに興味を持ってしまい購入してみる性格の私が 今回、「液体マスキング」なるものを発見してしまい、すかさず購入してしまいました。 使用用途は私にとっては無いのですが、簡単にマスキング皮膜おを作ることが出来る スプレー用の液体なので、何かの役に立つかなと思いました。 今後、使い勝手の良い使い方を見つけたらWebで公表する予定です。
[最終更新日: 2017年07月23日]
バイクが好きな人専用のホームページ
ご連絡はinfo@inchans.com :いんちゃんまで!