面白バイク
エンジン分解
クランク芯出し
プロアームの取り付け
倒立フォークの実装
FRPで苦労
カーボン素材
塗装にチャレンジ
アルマイト加工
PGM回路の修正
デジタル計器
HIDに換装
ついでにLED
エコに貢献
GPSも取り付け
■今後の構想!
NSR250R(大)
レストアあれこれ
ボアアップ計画
NS50が生まれました
勝手にリンク
その他
掲示板

アクセス状況

写真はPGM3の修理用トランジスタです。 東芝 2SB908。 RCサーボが正常に動かない原因で一番多いのは、 このトランジスタの故障によるものです。 ・バルブが動かない原因は、 ・サーボモーター自体の故障 ・ワイヤーの調整ミスによる最大作動時の高負荷 ・RCバルブにカーボンの固着によるバルブ不動作 以上の要因でトランジスタに高電流が流れ、焼けてしまう事が原因です。 PGMの裏蓋を外し、シリコンをカッターなどで ホジクリ、故障したトランジスターが出てきたら、 それを交換すれば完了です。そんなに難しい作業ではありません。カッターナイフとマイナスドライバーとハンダがあればOKです。
[最終更新日: 2017年07月23日]
バイクが好きな人専用のホームページ
ご連絡はinfo@inchans.com :いんちゃんまで!